ボトルの処理

ボトルの処理

ネイルをこれから楽しむという方も、すでにネイルを楽しんでいる!!という方も、ネイルを活用するために必要な知識をある程度もっておきましょう。

 

 

 

活用させる知識?というと大げさに聞こえますが、たとえば、ネイルカラーがいつもカピカピになってしまって、他の人みたいに長くもたせることができないとか、分離してしまって塗ることができないとか・・。そういった状態にならないようにするにはどう保存すればいいのか?と考える方も多いでしょう。

 

 

 

ではまず保存方法から。ネイルカラーの保存の基本は、日に当たらない場所に保管すること。これがまず第一。日に当たると劣化が早くなります。そして気になるボトルの入り口部分についたカラー。これは、リムーバーを含ませたティシュなどで、きれいに落としておきましょう。そうすると空気が入りにくくなるので、長持ちします。

 

 

 

あと、ネイルカラーがなくなってもう捨てなくちゃいけないというボトルの捨て方ですが、ボトルをさかさまにして新聞紙などの上に置き、残っているネイルカラーを全部出してしまいます。

 

立川 ネイル

 

ネイルカラーがなくなったものは、ガラスや割れもののゴミの日に合わせてもゴミに出しましょう。