ドタキャンを減らす方法

ドタキャンを減らす方法

今日の予約は何人いると張り切って待っていたのに、いざ時間になると誰も来ない。そうです、いわゆるドタキャン。誰にでも、ドタキャンをしてしまった、約束を直前になって断られてしまったという経験はあるのではないでしょうか。

 

 

 

個人対個人のドタキャンなら、自分が我慢すればよい問題ですが、それが仕事となると話は別。売上にも支障をきたす問題なので、店側からすると死活問題につながります。

 

 

 

ドタキャン自体は、店側になんの非もありません。忘れるのは客のほうで、客が悪いのです。しかし、それで終わってしまっては、ドタキャンは続く一方。

 

 

 

経営者としては、ドタキャンされないような策を講じる必要があります。ドタキャン対策としては、予約カードのようなカードを発行する方法や、予約の日が近づいてきたらメールでお知らせするという方法など、考えればいくらでも方法は出てくるはずです。

 

 

 

「ドタキャンばかりだ」と嘆いてばかりいないで、積極的に対策をねっていきましょう。