マニキュアとジェルネイルの違い

マニキュアとジェルネイルの違い

マニキュアもジェルネイルも爪に塗ってオシャレを楽しむものですが匂いや耐久性、手順や除去方法など大きく異なります。ここでは、比較しながら違いを見ていきます。
1つ目は「匂い」です。マニキュアは有機溶剤の非常に強い匂いがしますが、ジェルネイルにはほとんど匂いがありません。

 

2つ目は「乾燥時間」です。マニキュアを完全に乾燥させるためには2〜3時間必要ですが、ジェルネイルはUVランプなどを使用することで30秒から数分で乾燥・硬化できます。
3つ目は「補強力」です。マニキュアは塗っても弱い爪を補強することはできませんが、ジェルネイルはマニキュアより分厚く塗れることで強度も高いので爪が補強できます。
4つ目は「ツヤ」です。マニキュアは2日目あたりからツヤが失われていきますが、ジェルネイルは除去する時までツヤが失われることはありません。
5つ目は「耐久性」です。マニキュアの持ちは2〜3日(トップコートを塗り続けても10日)ですが、ジェルネイルは2〜3週間(3週間以上持ちますが、爪への悪影響を考慮して3週間を目途に除去することが好ましい)持ちます。
6つ目は「オフ(除去)」です。マニキュアの除去は除光液で簡単にできますが、ジェルネイルは完全にオフするのに30分程度の時間が必要です。
7つ目は「費用」です。双方とも費用はまさにピンキリです。マニキュアは100円ショップでも手に入れることができますが、ジェルネイルはセルフではなくサロンで施術を行うことが多いことから、マニキュアよりもはるかに高額な費用が必要です。