スカルプとはどんなものか?

スカルプとはどんなものか?

スカルプとは、スカルプチュア=アクリリックネイルの事で、アクリルパウダーとリキッドモノマーを混ぜ爪の上で形成し、爪の形に整形していくものです。
この方法の場合のメリットといえば、やはり持ちすることです。
 

 

一度好みの形を作ると、3週間以上は持続してくれます。
ネイルアートを楽しむコツ

 

カラーを塗っても色の乾燥が早く、デザインが楽という点もメリットとしてあげられます。
ベースコートもいりませんし、トップコートの光沢がなくなったらそのままもう一度塗ることもできます。
 

 

しかも、地爪なら1週間も持つか持たないかのカラーが、スカルプなら3週間は持つのです。
また、地爪だとすぐ取れてしまうラインストーンや3Dアートもなかなか剥がれません。
 

 

 

地爪ではなかなかできない事にも挑戦できますので、ちょっと冒険してみたいような場合にもおすすめです。